借金相談 公的機関

借金相談を出来る公的機関と無料の24時間相談窓口

借金相談をお願いしたい場合、どこに行ったり、誰に連絡したりすれば良いのでしょうか?

 

借金相談の段階でいろいろ費用が掛かってしまうと、経済的には益々苦しくなり、スピーディーに解決しないと利息が付いてどんどん返済額が増えることになります。

 

そのような観点から借金相談を依頼するのに適した公的機関や、弁護士に24時間無料で相談できる所をご紹介していきます。

 

借金相談を出来る公的機関

借金相談を出来る公的機関の魅力はやはり無料で相談に乗ってもらえるという点となってきます。

 

ここでは、その中でも代表的なものを挙げていきます。

 

消費生活センター(国民生活センター)で借金相談

国民生活センターは国民生活の安定と向上を目的としている独立行政法人です。

 

ただ、具体的に借金相談を受けるのは、各地方公共団体レベルにある消費生活センターを通じてという流れになっています。

 

特に、複数の金融機関からの借金が返済不能となる多重債務に関しては、専門の相談窓口を設けています。

 

消費生活センターは、相談内容に応じて、最適な専門機関を無料で紹介したり、家計管理についてアドバイスをしてくれます。

 

しかし、その一方で、借金相談が出来るのは、平日の昼間に限られていることがほとんどであるため、普段仕事をしている人にとっては利用しづらいところがあります。

 

法テラスで借金相談

法テラスとは通称で、正式には日本司法支援センターという国によって設立された法律の総合案内所です。

 

基本的には法的トラブル全般の対応を行なっていますが、借金相談に関しても法的観点から相談に乗ってもらうことが出来ます。

 

弁護士や司法書士に正式な依頼をする際、費用を立て替えてもらえる民事法律扶助という制度を利用出来る点では非常に便利です。

 

ただ、消費生活センター同様、法テラスも基本的に業務時間が平日の昼間に限られています。

 

また、一定基準の年収があると、借金相談を受け付けてくれなかったり、1つの問題につき3回までしか相談できないなど、不便な点も多くなっています。

 

弁護士や司法書士に借金相談

消費生活センターや法テラスなど公的機関であれば、無料で借金相談をしてもらえます。

 

しかし、最後は結局、弁護士や司法書士を紹介されるケースがほとんどです。

 

ですから、平日の昼間に公的機関へ行ったり、法的な手続きを開始するまで余分な時間を費やしてしまうよりは、最初から弁護士や司法書士に相談した方が手っ取り早いということになります。

 

自宅近くの法律相談所に行ってみるという選択肢もあります。

 

しかし、弁護士や司法書士はピンキリですし、悪徳弁護士に引っ掛かってしまうリスクだってあります。

 

ですから、それよりは債務整理に強くて信頼できて借金相談にも対応している法律事務所にお願いした方が無料でかつスムーズに借金問題を解決することが出来ます。

 

ここでは、弁護士へすぐに直接、無料相談できる方法をご紹介しておきます。

 

下の画像を押すと、LINEのようなチャット画面が開きますので、聞きたい内容を入力して送信するだけでOKです。

 

あとは弁護士から返信がくるのを待つだけと非常に簡単で、しかも無料で借金相談が出来るので利用しない手はありません。

 

債務整理、借金の無料相談


→完全匿名チャット無料相談

 

弁護士法人アドバンス東京事務所
東京都千代田区平河町2-16-9平河町KDビル8階
TEL 03-6268-9517